ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > お知らせ  > 2月開催予定 障害者雇用セミナー

2月開催予定 障害者雇用セミナー

開催日 平成30年2月3日(土)
テーマ 障害のある方が企業で働き続ける
概要
  京都市主催(委託先:京都市就労移行支援事業等ネットワーク形成促進事業事務局)の「障害者雇用セミナー」をアビリンピック京都大会と同時開催します。
  障害者雇用に積極的な企業の講演をとして,企業で働く視覚障害の中途障害のある方の体験談と企業の支援について,株式会社堀場製作所に御紹介いただくと共に,障害のある人もない人も共に働く職場を目指す,株式会社ファーストリテイリングの障害者雇用の取組を,アビリンピック全国大会に出場スタッフの事例を交え御紹介いただきます。
  障害者雇用にこれから取り組まれる企業様や,障害者雇用を始めてはいるものの日々の対応を模索中の企業様などに対して,今後のヒントになる要素をふんだんに取り入れています。
  ぜひ積極的に御参加いただき,今後の障害者雇用の取組の参考にしてください。

添付ファイル セミナーチラシ(PDFデータ)

日時:平成30年2月3日(土)9時45分〜11時35分
                受付9時15分〜
場所:京都府立高等技術専門校 会議室1
    京都市伏見区竹田流池町121-3
    ※公共交通機関を御利用ください。
    ※車の方は御相談ください。
    (京都市営地下鉄烏丸線くいな橋駅1番出口正面 徒歩1分)
募集対象:障害者雇用に関心のある京都市内の企業及び就労支援機関
定員:30名 ※定員になり次第,締め切らせていただきます。
参加費:無料
申込期限:平成30年1月25日(木)まで
申込方法:添付チラシをダウンロードの上,チラシ裏面の参加申込書に
      ご記入いただき,FAX(075-462-4468)まで
      送信ください

<講演概要>
視覚障害の中途障害を乗り越え“働き続ける”
  株式会社 堀場製作所 開発本部 開発企画センター 基盤・共通技術部の西本様に,自身の体験談を,グローバル人事部の福岡様から,西本様が継続して働き続けるために職場としてどのような取組を行ったか,御紹介いただきます。視覚障害の中途障害を乗り越え,企業で仕事を続ける中での課題について,御本人と職場がどのように向き合ったかをお話しいただきます。

「共に働き,共に生きる」ファーストリテイリングの障がい者雇用の取組
  ファーストリテイリンググループの障害者雇用率は,グループ算定で5.31%(平成29年6月1日現在)。雇用をグローバルに拡大し,15の国と地域で1,581名の障害のある方が働いています。講演では,株式会社ファーストリテイリング 人事部 山崎様に,あらゆる障害の有無に関係なく,チームの一員として互いに学び合い,ともに成長する。「ファーストリテイリンググループの障がい者雇用」に関する基本的,かつ普遍的な考え方を,アビリンピック全国大会に出場した従業員の方の話も交えながら,紹介いただきます。

問合せ先:京都市就労移行支援事業等ネットワーク形成促進事業事務局
      社会福祉法人京都ライトハウス FSトモニー内
                     (担当:高橋,片岡)
      TEL 075-462-4467

基本方針(PDF形式;192KB)

開催経過

部会情報

福祉的就労を行っている事業所

発注をお考えの事業主さまへ:業務の発注を承ります。

ぬくもりひとついかが。はあと・フレンズ・ストア

支援者からのメッセージ

就労支援事業所 たんぽぽハウス 副所長
堀井 亮子

たんぽぽハウスは清掃や喫茶などの仕事を通して、社会人としての基礎を身につける訓練をしています。
仕事上の問題はミーティングによって解決し、一人ひとりが責任を持って仕事に取り組みます。
一般就労を目指す人、仲間と仕事を続けていきたい人、今の生活から抜け出したい人、指導は厳しいですが自分の目標に向かってトライしてみませんか!

メッセージ一覧へ

ページの終端です。ページの先頭に戻る