ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 働きたいと思われている障害のある方へ  > 精神障害独自の就労支援

精神障害独自の就労支援

こころの健康増進センター デイ・ケア課の事業

「就労準備デイ・ケア」

統合失調症の方のためのリハビリテーション施設です。
「働きたい」という願いを支援するために就労準備デイ・ケアを実施しております。

対象 精神科に通院されている統合失調症の方で,ある程度生活リズムが整い,就労に向けて準備を始めたい方
利用日 月・火・木・金曜日の9:30〜15:30
利用期間 6ケ月(更新あり,最長3年まで)
費用 健康保険適用 自立支援医療費制度利用可

デイケアの流れ 詳しくは京都市こころの健康増進センター デイ・ケア課にお問い合わせ下さい。
TEL:(075)314‐0510

就労準備デイ・ケアの詳細サイト

精神障害者総合雇用支援 

京都障害者職業センターでは精神障害のある方及び精神障害のある方を雇用しようとする又は雇用している事業主の方に対して,主治医や関係機関等との連携の下で,雇用促進,職場復帰,雇用継続のための専門的支援を行います。うつ病等のために休職されている方の職場復帰のため,復職に向けたウォーミングアップ支援を行っています。

詳しくは 京都障害職業センターへお尋ね下さい
TEL(075)341-2666

精神障害者総合雇用支援のご案内(パンフレット)

社会適応訓練事業

市内の一般事業所の協力のもとに,精神に障害のある方の就労準備のための職場実習を行っています。一般事業所に一定期間通って,仕事の練習をしながら,仕事に対する集中力,持久力,円滑な対人関係を築く力,環境に適応する力を養います。相談窓口は保健所です。

詳しくは 京都市こころの健康増進センターのHPをご覧下さい。

訓練を受けたい・詳しく聞いてみたいと思われた方は・・・
お住まいの区の保健所の精神保健福祉相談員又は保健師にご相談ください。

精神障害者ステップアップ雇用

精神障害のある方が利用しやすい「トライアル雇用」が出来ました。
一定期間最初は週10時間からの短時間の就業から始め,一定の期間をかけて,仕事や職場への適応状況をみながら,徐々に就業時間を延ばしていくことで,常用雇用への移行を目指します。

期間 3ケ月以上〜12ケ月以内

詳しくは,各ハローワーク・京都障害者職業相談室へお尋ね下さい
TEL(075)341-2626

基本方針(PDF形式;192KB)

開催経過

部会情報

福祉的就労を行っている事業所

「私たち働いています。」実際に働いている障害のある方のインタビュー

発注をお考えの事業主さまへ:業務の発注を承ります。

ぬくもりひとついかが。はあと・フレンズ・ストア

支援者からのメッセージ

就労支援事業所 たんぽぽハウス 副所長
堀井 亮子

たんぽぽハウスは清掃や喫茶などの仕事を通して、社会人としての基礎を身につける訓練をしています。
仕事上の問題はミーティングによって解決し、一人ひとりが責任を持って仕事に取り組みます。
一般就労を目指す人、仲間と仕事を続けていきたい人、今の生活から抜け出したい人、指導は厳しいですが自分の目標に向かってトライしてみませんか!

メッセージ一覧へ

ページの終端です。ページの先頭に戻る