ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 障害のある方の雇用をお考えの企業の方へ  > 障害のある方の雇用をお考えの企業の方へ

障害のある方の雇用をお考えの企業の方へ

障害のある方を雇用することについて

障害者雇用は,早めに取り組めば取り組むほど効果的!

障害者雇用に積極的になると

調整金・報奨金が受けられる
法定雇用数より1人多く雇えば,年間324,000円の黒字
助成金が受けられる
トライアル雇用などを行うと,助成金を受けながら雇える
ワークシェアリングが進む
障害者に適した仕事を切り出せば,社員は残業が減る
人事管理能力が高まる
多様な人材の適材適所を考えれば,管理職の能力は自ずと向上する
コミュニケーションが豊かになる
社員同士の意思疎通が密になり,誰にでもお互いの役割が分かりやすい職場になる
新しい発想を取り入れることができる
社員の多様化は発想の多様化を生じさせ,新しい風を呼び,創造性の向上が期待できる
社会貢献ができる
CSR(企業の社会的責任)を果たし,地域や社会の信用を得るとともに,宣伝効果も期待できる。

障害者雇用に消極的になると

納付金を払わなくてはならない
法定雇用数より1人少なければ,年間600,000円の赤字
ハローワークから指導される
雇入れ計画の作成する手間がかかり,場合によっては,企業名も公表される

活用してみませんか? 障害者初回雇用奨励金(ファースト・ステップ奨励金)

対象
障害者雇用の経験のない中小企業(常用雇用労働者56〜300人)
金額
障害者1人目を雇用した場合100万円を支給

問合せ 所轄のハローワークへ
京都西陣ハローワーク(電話:451-8609)
京都七条ハローワーク(電話:341-8609)
伏見ハローワーク(電話:602-8609)

※支給には条件があります。詳しくはお問合せください。

なるべく早く企業の戦力として,前向きに雇用を考えてみませんか?

雇用について具体的に考えてみましょう。

 

基本方針(PDF形式;192KB)

開催経過

部会情報

福祉的就労を行っている事業所

発注をお考えの事業主さまへ:業務の発注を承ります。

ぬくもりひとついかが。はあと・フレンズ・ストア

支援者からのメッセージ

就労支援事業所 たんぽぽハウス 副所長
堀井 亮子

たんぽぽハウスは清掃や喫茶などの仕事を通して、社会人としての基礎を身につける訓練をしています。
仕事上の問題はミーティングによって解決し、一人ひとりが責任を持って仕事に取り組みます。
一般就労を目指す人、仲間と仕事を続けていきたい人、今の生活から抜け出したい人、指導は厳しいですが自分の目標に向かってトライしてみませんか!

メッセージ一覧へ

ページの終端です。ページの先頭に戻る