山本 雅弘

当園の利用者が研修や実習を通じて職業準備性を身につけてもらえるように日々努力しています。
働くことへの認識をしっかり利用者の方々に持って貰うように努めておりますが,社会の求める内容との現実的ギャップは大きいです。
我々がしっかりと現実を見つめながら,障害者が自分の力が出せる場所を見つけ出すことが大事だと思います。
障害者の特性が生かせる企業選びに努力をし,就労に結び付けることが支援員の務めだと思っております。

Back to Top