嶋岡 健次

最近は、町を歩いていても、身体や知的の方々に手を貸したり、声をかけられたりする姿を多く見かけるようになりました。精神への接し方が分からない時は、「こんにちは」からごく普通にお願いします。私たちも話がしたいからです。

Back to Top