特例子会社のご紹介 / オムロン京都太陽株式会社

特例子会社とは・・・

特例子会社とは,障害者の雇用を目的に,企業が設立する子会社のことで,「障害を持つ従業員が5人以上で,全従業員に占める比率が20%以上」などいくつかの要件を満たすことにより認定される制度で,子会社において障害者を雇用することにより,親会社の雇用率となります。

障害者の特性に配慮した仕事の確保・職場環境の整備により,障害者の能力が十分に引き出せる,職場定着率が高まる,定着に伴い生産性の向上が期待できるなどのメリットが期待できます。

京都にある 特例子会社

京都には平成21年4月現在3社の特例子会社があります。

親会社名 子会社名 設立年
オムロン(株) オムロン京都太陽(株) S61
(株)ジーエス・ユアサ パワーサプライ (株)ジーエス・ユアサ ビジネスエージェンシー H19
(株)ニッセンホールディングス (株)u&n H20

このうち,オムロン京都太陽株式会社をご紹介します。

オムロン京都太陽株式会社

オムロン京都太陽株式会社は,オムロン株式会社と社会福祉法人太陽の家の共同出資会社として設立しました。企業と福祉の両面をつなぐ役割を果たすことで,障害者の雇用就労の機会をつくり,仕事の安定供給を行い障害者の自立を支援しています。
具体的には,社会福祉法人 太陽の家との事業協力により就労継続支援事業A型・B型の就労機会の提供を行なうとともに,見学者の受入,講演活動などを通じて広く障害者の雇用機会の創出に貢献しています。

障害を持たれた方の身体的機能を機械で補い,残された機能を最大限に発揮するという考えのもと,足りないところは自動化技術でキメ細かく補完し,常に高い品質レベルを維持し,世界中のお客様にご満足いただける製品をお届けすることに,働きがい・生きがいを感じる・・・そんな集団を目指して,日々努力しています。

設立

1985年(昭和60年)3月6日

創業

1986年(昭和61年)4月1日

従業員数(2009年6月12日現在)

19名(障害者12名,健常者7名)
(太陽の家含む人員 163名/内,障害者114名)

仕事の内容

オムロン京都太陽では,ソケットやセンサといった産業用機械に使われている製品を中心に生産をしています。

「品質第一」を常に心がけ,日々改善活動に取組み,よりレベルの高い生産集団を目指しています。

Back to Top