林 黎明さん(視覚障害)43歳,社会福祉法人 同和園 デイサービスセンター

写真:林さん

仕事の内容 老人デイサービスでの機能訓練員(利用者に対してのマッサージ)
勤務日・時間 週5日10:00〜15:00
勤務年数 1年3か月
就職前の状況 就労移行支援事業所を利用

インタビュー

働くうえで,困ったことはありますか?

最初は通勤が大変でした。バスで通勤していますが,通勤路を間違えたり,バスの到着時間が解らなくて困りました。また,視覚障害の人は柱や壁にぶつかって歩きながら道を覚えるのですが,回りから見たら,ぶつかる時に危険と思われて,「危ない!」と大きな声で呼ばれ,逆に驚くこともありました。最近は職員の方たちも理解して下さったので,そういうことが随分減りました。

働いてみてどうですか?どんな時に働く喜びを感じますか?

デイサービスの利用者の方に「楽になったわぁ」と言ってもらえる時が一番嬉しいです。利用者の方の名前やよく話される話題も覚え,マッサージをしながらお話もさせてもらいます。就労移行支援事業所ではデータ入力をしていましたが,今の仕事の方が自分には向いていると思います。

HPを見ている方に一言メッセージをどうぞ。

街で明らかに困っているように見える視覚障害者には,1m位離れた場所から「何かお手伝いすることはありますか?」と積極的に聞いてもらえると助かります。

デイサービス かぐや 所長 高橋 弓子様から

写真:高橋所長と林さん
林さんのマッサージは利用者に評判が良く,マッサージがあるから来ている人もいるほどの人気です。林さんは目が不自由なのに,それを感じさせない明るさがあります。利用者の方は林さんとお話をすることで,励まされ,元気をもらっていますし,職員も林さんの前向きな姿勢に日々励まされています。

これからも利用者の方達のために頑張って欲しいと思います。

就労移行支援事業所FSトモニー 就労支援員 山本 征司さんから

林さんへの支援は,仕事以前の通勤の道や施設の中を覚えるための支援がメインでした。

働き初めの頃は色々な不安が生じますが,仕事が休みの時に就労移行支援事業所に来てもらい,支援員が相談にのることで不安を解消していきました。仲間と趣味の話をすることも気分転換にもなっているようです。仕事場と家以外に息抜きの場所があるのは,働く上で大切なことだと,利用者の方を通して感じています。林さんには,自分の体にも気をつけて働き続けてほしいですね。

これからも時々はFSトモニーに来て,皆に楽しい仕事の話を聞かせて欲しいと思います。

障害のある方の雇用をお考えの企業にメッセージをどうぞ

視覚障害の方の求人は少ないですが,最初から拒否せずに,まず面接していただけたらと思います。

業務を細分化すれば,出来る仕事はありますので,ご検討ください。

Back to Top