高次脳機能障害の方の就労に向けて

高次脳機能障害とは

交通事故や頭部のけが,脳卒中などで脳が部分的に損傷を受けたため,言語や記憶などの機能に障害が起きた状態をいいます。

注意力や集中力の低下,比較的古い記憶は保たれているのに新しいことは覚えられない,感情や行動の抑制がきかなくなるなどの精神・心理的症状が現れ,周囲の状況にあった適切な行動が選べなくなり,生活 に支障をきたすようになります。また,外見上では分かりにくいため,周囲の理解が得られにくいと言われています。

病院のケースワーカーや,京都府リハビリテーション支援センターのコーディネーターにお困りのことを 御相談下さい。状況に応じて複数の支援機関と連携をとりながら,生活や就労の支援をしていきます。

高次脳機能障害支援相談窓口

075-221-2611(相談専用電話)

<電話相談> 月〜木曜日 午前9時〜12時
<来所相談> 木・金曜日 午後1時〜4時(予約制)

※来所相談は完全予約制となっておりますので,まずは一度上記の相談専用電話にご連絡頂き,来所希望の内容等を支援コーディネーターとご相談の上,日程のご予約をしてから来所頂きますようお願い致します。

京都府リハビリテーション支援センター

〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465 京都府立医科大学内
Email:rehabili@pref.kyoto.lg.jp
URL:http://www.pref.kyoto.jp/rehabili/

Back to Top