10月開催予定 京都市障害者雇用促進のための連続研究会 オープンセミナー 誰もが働きやすい組織を目指して 〜ユニバーサルマナーについて〜

開催日 平成27年10月7日(水)
テーマ 誰もが働きやすい組織を目指して 〜ユニバーサルマナーについて〜
概要  「『障害者雇用ステップアップ研究会』実践セミナー(全5回)」(平成27年度京都市障害者雇用促進のための連続研究会事業)の第1回プログラムを、より多くの障害者雇用に関心がある企業の皆様にお伝えするため、オープンセミナーとして実施します。今回は全国各地で講演されている、株式会社ミライロの岸田ひろ実氏にご講演いただきます。障がい者雇用に関心のある企業の皆様、ぜひこの機会にご参加ください!

日時:平成27年10月7日(水)
   午後1時30分から午後4時00分まで ※受付開始 午後1時
会場:京都私学会館 中会議室301
   京都市下京区室町通高辻上ル山王町561
募集対象:障害者雇用に関心のある京都市内の企業担当者
定員:30名(先着順)
参加費:無料
申込方法:
セミナーチラシをダウンロードのうえ、裏面のお申込み用紙に必要事項を記載のうえ、FAX【06-6449-5115】までお送りいただくか、EメールにPDFデータを添付して【yayoik@insweb.jp】までお送りください。

申込み・問合せ:〒604-8751
        京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地
        TEL : 075-222-4161
        FAX : 075-251-2940
        京都市 障害保健福祉推進室 (担当 田中)

■セミナー 概要:
   13:30〜15:30
      「誰もが働きやすい組織を目指して 〜ユニバーサルマナーについて〜」
      【講師】岸田 ひろ実 氏(株式会社ミライロ)
   15:30〜16:00
      「わかる」から「出来る」へ
       障害者雇用ステップアップ研修会 実践セミナー紹介
      【講師】窪 貴志(株式会社インサイト 取締役)

講師紹介
■岸田 ひろ実 氏(株式会社ミライロ)
 知的障害のある長男の出産、夫の突然死を経験した後、自身も2008年に急性大動脈解離という病気で倒れる。存命率20%という危機を乗り越え、一命は取り留めるものの、後遺症で下半身に麻痺が残り、以来車椅子での生活となる。約1年半に及ぶ入院生活中、歩けないという現実に絶望。自暴自棄になり、生きることすらやめたくなる日々の中、自身の経験を通じて、自分と同じように絶望している人々の心や体を元気にしたいと考える。現在は車椅子の方など障害のあるお客様への接客研修など、自身の経験を活かした講演講師として全国各地で活動中。

■窪 貴志 氏(株式会社インサイト 取締役)
 民間企業に対するコンサルティング経験(経営戦略・マーケティング等)を活かし、現在は障害者雇用・障害者福祉事業所(授産)向けのコンサルティングや厚生労働省・財団等の障害者に関わる研究事業等を実施。障害者雇用のコンサルティング実績多数あり。発達障害のある大学生を中心としたキャリア支援事業を行う株式会社エンカレッジの代表取締役を兼務。

Back to Top